So-net無料ブログ作成

水道、開通 [東北地方太平洋沖地震]

出ました。水。

ありがとうございます。
放射性物質の漂う中、
24時間体制で交代で作業してくださったそうですね。
早くても今月中かなぁと思っていたので、
予想以上に早い開通に驚いています。

これで、ずっとできなかった洗濯ができます。
そろそろ着替えが怪しくなってきていたので、本当に助かります。

今日、うちの周辺にある数少ない銭湯も再開してました。
あそこも水が通ったんだなぁ。
外を通ったら、行列ができてました。
人数制限、入れ替え制だったみたいです。
そりゃ、みんな、待ってましたよね。
出てくるときは、きっと幸せな気分になってるんだろうな。

職場は昨日から。
まだ水道が通ってない地域も多いので、
昼には有志による炊き出しが行われました。
自分はパンを持参してたんですが、
おこぼれのおにぎりをいただきました。
すし●郎か何かでできた酢飯のおにぎり、おいしかった♪

ガソリンも昨日、今日でずいぶん行き渡ったのか、
退勤の頃には普段の7割くらいの交通量でした。
クロネコヤマトの営業所も灯りがついてました。
自分はまだ給油してません。
明日は行ってみようかな。
給油なら、勤務時間中でも特別に外出させてもらえるみたいだから。

こんなふうに、いわきは活気を取り戻しつつあります。
でも、まだ原発の問題は終わりが見えません。
出勤してきた同僚も、子どもがいる人はほぼ100%、
その子どもたちを避難先に預けたまま帰ってきています。

放射能汚染の問題は、県内の農業、漁業に大きな打撃を与えています。

津波被害を受けた沿岸部では、避難指示区域はもちろん、それ以外の場所でも、
復旧作業、行方不明者の捜索活動が手つかずのままです。
ご遺体も残されたままです。
戊辰戦争の時、
会津の町では、戦死した会津藩士の遺体を運び、弔い、葬ることを許されず、
町中で雨ざらしにされていた、という話を思い出してしまいます。
福島県は、またそんな思いをしなければならないのでしょうか。
・・ひたすらに、無念です。

自分の状況が少し落ち着いた今、
まだまだ緊張状態を強いられている人たちにも、
そんな日が来てくれることを祈ります。
みんなで、福島県の復興へ向けて歩き出せますように。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。