So-net無料ブログ作成

それでも、ここで生きていく [思うこと]

県外の人たちから見れば、
これだけの騒ぎになっているのに、
いわきに居続けるというのは、正気の沙汰ではないのかもしれません。

今、暮らしている場所は、福島第一原発から45キロ。
科学者の話を信用するとして、
再臨界で放射能漏れを起こした場合、
その影響を受けるのは30キロだと言います。
(もちろん、風向きとかの影響もあるので、その限りではありませんが)
この距離だと、おそらく、今はやりの「ただちに」死に至ることはないと思います。

では、長期的に見たとき、健康被害を受ける可能性は?
あるのかもしれません。
まして、大気汚染以上に恐ろしい土壌汚染というものがあります。
この地で作られた農作物は、もう口にすることはできないかもしれません。

私は、もうすでに人生の折り返し点を過ぎたと思うような年齢です。
これから子どもを作ることもありません。
今の仕事は、この地を離れては成り立たないものです。
若くもなく、新しく仕事を見つける上では致命的な病気も持っています。
福島県から出て暮らしたこともないし、
県外に身寄りがいるわけでもありません。
長生きして、見届けたいものがあるわけでもありません。

ということで、自分からここを出て行く理由がないのです。
自分にとって、ここは危険な場所ではないのです。

でも、子どもたちにとっては、そうではありません。
放射能に対する感受性が、大人の10倍だそうです。
だから、子どものいる人は、ここを離れて当然です。

このまま、原発の問題が前に進まなければ、
ここは、子どものいない町になるかもしれません。
そうなったときのことを想像すると、とても悲しくなります。
未来のない町です。

ラジオ福島で、久しぶりに「福島県民の歌」を聴きました。
どこの都道府県もそうなのではないかと思いますが、
その地の発展を願うような、未来に向かう歌詞です。

 ♪ みどり光る この空 いつまでも ああ 福島県

智恵子抄にも詠われた「ほんとうの空」がある福島です。
でも、今は他の土地からは、汚れた空に見えているのでしょうか。

そして、2番の歌詞にありました。

 ♪ 嵐をこえて 雪崩に耐えて 豊かなふるさと ふくしまをつくろう

嵐も、雪崩も、地震にも耐えられるけれど、放射能には耐える術がありません。
豊かなふるさとは、もう失われてしまったように思います。

それでも、ここで生きていきます。
見届けたいものがひとつだけあるから。
このふるさとの、これから先を。

「月曜日に、また無事に会えますように」
金曜日に退勤するとき、同僚と交わしたあいさつです。
かなり非日常的な会話ですね。
このままなら、無事に会えそうです。


タグ:いわき 原発
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。